スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

c++動的配列:vector

C++プログラミングで要素数が分からない場合における
配列への格納方法としてvectorがあります。
入力ファイル等からの読み込み時に有効と思われます。

不必要に大きな配列を確保する必要がなくなります。
恐縮ですが以下サンプルです。


#include <vector>
#include <iostream>

using namespace std;
vector<int> array; // int型の動的配列

int main()
{
int i;
int n=10;
//array.reserve( n );//先に要素数を確保しても良い

// 10個の要素を追加していく
for( i = 0; i < n; ++i )
{
array.push_back( i*2 );//()内に値を入れる
}

// 10個の要素を出力
for( i = 0; i < n; ++i)
{
cout << array[i] << endl;
}
printf("\n");

vector<double> array2; // double型の動的配列

for( i = 0; i < n; ++i )
{
array2.push_back( i+0.1 );
}

for( i = 0; i < n; ++i )
{
cout << array2[i] << endl;
}

return 0;
}


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

uglab

Author:uglab
ソフト開発会社

【Twitter】
フォローお願いします

【You tube動画一覧】
チャンネル登録お願いします


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサードリンク
    【スポンサードリンク】

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。