スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C++ TNT 外積演算

手軽に使用できるC++用行列演算ライブラリのTNTですが
機能はさほど充実していません。
3次元ベクトル同士の外積を自作で追加してみました。

tnt_array1d.hの最後の部分

} /* namespace TNT */

#endif
/* TNT_ARRAY1D_H */

の手前に以下のソースを追加して
 out_prod(a,b)
によりベクトルaとbの外積が得られるようにしました。


template <class T>
Array1D<T> out_prod(const Array1D<T> &A, const Array1D<T> &B)
{
Subscript N = A.dim();
assert(N==B.dim());
Array1D<T> tmp(3);

tmp[0]=A[1]*B[2]-A[2]*B[1];
tmp[1]=A[2]*B[0]-A[0]*B[2];
tmp[2]=A[0]*B[1]-A[1]*B[0];
return tmp;
}


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

uglab

Author:uglab
ソフト開発会社

【Twitter】
フォローお願いします

【You tube動画一覧】
チャンネル登録お願いします


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサードリンク
    【スポンサードリンク】

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。