スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FEM_BLOCK:解析レポートver1.05仮_4800自由度

開発中のver1.05です。
剛性、質量行列をスパース行列で格納し
演算もスパース行列を用いて行うように改善しました。

大きな成果は2つ。
・メモリーが大幅に節約され、大規模行列を扱えるようになった。
・計算時間が大幅に短縮された。

スパース行列を用いないと(フル行列のままだと)PCにもよりますが
だいたい5000自由度を超えるとメモリーの確保が厳しくなってきます。

フル行列のまま演算を行っていたver1.04では4800自由度のモデルは
途中で「メモリーが極端に少なくなっています。」というメッセージが現れ
計算を最後まで行うことができませんでした。

スパース行列を用いたver1.05仮では計算が無事終了し
さらに、ver1.04、2600自由度よりも短い時間で行うことができました。


Celeron(R) CPU 2.4GHz, 768MB RAM

4800自由度
モード数:16

計算時間:45分


femblock_ver105_a.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

uglab

Author:uglab
ソフト開発会社

【Twitter】
フォローお願いします

【You tube動画一覧】
チャンネル登録お願いします


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサードリンク
    【スポンサードリンク】

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。