FEM BLOCK:解析準備(Inputファイルの作成ver1.03)


サンプルファイルにある記述方法に従って構造物の情報等を入力します。
数値部分のみを修正してあとは一切変更しないで下さい。

fempost_input_data_v103.jpg

material_p(材料の密度)
SI単位で入力します。

material_E(材料のヤング率)
SI単位で入力します。

material_nyu(材料のポアソン比)
値を入力します。

mode_num(求めるモード数)
低次からの数を入力します。
剛体モード数も含みます。

iteration(固有値解析の繰り返し回数)
現状では100回でまあまあ収束すると思います。

part_num(パート数)
ver1.03では上限は100です。
複数の直方体形状の結合が可能です。

length_division_origin
(構造物の寸法、x、y、z、分割数、x、y、z、原点座標x、y、z)
 length(構造物の寸法、x、y、z)
 [m]単位で入力します。
 ※直方体形状しか解析できません。

 division(分割数、x、y、z)
 値を整数で入力します。

 origin(原点座標、x、y、z)
 [m]単位で入力します。

パートの数だけ同様に記述します。
それぞれのパートが結合箇所を持つように配置して下さい。

以上です。


スポンサーサイト

テーマ : ソフトウェア開発
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

uglab

Author:uglab
ソフト開発会社

【Twitter】
フォローお願いします

【You tube動画一覧】
チャンネル登録お願いします


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサードリンク
    【スポンサードリンク】

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード