スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FEM BLOCK:解析実行&結果表示


解析実行
exeファイルをダブルクリックで解析が実行されます。(超シンプル)
自由度上限は1000自由度となっています。
1000自由度以下でも解析時間が相当かかる場合があります。
PC性能によりますが200自由度程度で1分くらいです。
(フリーウェアは要素数制限があり20要素までとなっています。)

fempost_06_d.jpg

結果表示
最初は1次モードが表示されます。
固有振動数[Hz]は右下に表示されます。
剛体モード(0[Hz])の固有振動数は上手く表示されない場合がありますが
0[Hz]だと考えてください。

右列のタブの説明
・Properties(+印をクリックするとサブメニューがでます。)
   Wireframe:チェックを入れるとWireframeで描画されます。
   Mode No.:表示したいモードの次数を入力します。
          右のボタンで増減します。(感度良すぎ)
   Scale:モード形の振幅を調整できます。
・Options(+印をクリックするとサブメニューがでます。)
   Draw Part:構造物の描画ON/OFF
   Draw Axes:座標軸の描画ON/OFF
   Draw Text:固有振動数表示の描画ON/OFF
・Disable Movement:左下の図形移動パネルの無効化
・Enable Movement:左下の図形移動パネルの有効化
・Hide:左下の図形移動パネルの非表示
・Show:左下の図形移動パネルの表示
・Quit:しゅしゅしゅ、終了~

左下、図形移動パネルの説明
Objects:回転(グリグリして調整)
XY:XY移動(上下で調整)
X:XY移動(左右で調整)
Y:Y移動(上下で調整)
Z:Z移動(上下で調整)

最初の座標軸基準で移動変換が行われるため
移動を重ねていくと思うように移動できなくなります。要改善。
(しょぼくてすいません。)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

uglab

Author:uglab
ソフト開発会社

【Twitter】
フォローお願いします

【You tube動画一覧】
チャンネル登録お願いします


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサードリンク
    【スポンサードリンク】

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。