スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GLSL:シャドウマッピング

レイトレーシング(映り込み)はあきらめてGLSLのテクを磨くことに。
今回はシャドウマッピングです。
参考にしたのはこちら。
床井研究室 第9回 GLSL によるシャドウマッピング

何とか影がでました。色々と調整が必要なようです。



床の明るさが縞状になってしまっているのは録画時の画質低下のせいです。
本当はもっと綺麗な画なんです。

まずは影ですが参考サイトにもあるように全ての場合にバシッと影が出るわけではないようです。
Perspectiveを調整して上記動画のように一応全ての物の影が出るようになりました。
ただし影の淵のノイズが酷いです。
しかしPerspectiveの値によっては影の形がおかしい場合もあるので
ここはノイズが出ても形が正しく出るほうを選択しました。
(MMDのシャドウ機能の説明内容と同じような事の気がします。)

さて、影よりも驚いたのはマーライオンや球などの質感の素晴らしさ。
GLSLすごし。
別に無理してレイトレーシングする必要ないですね。
マーライオンはポリゴンが粗いせいか何か木彫りの熊みたいな表面になっていますが。
リアル感を出しているのはやっぱりSpecularの効果でしょうか。

因みにプログラムではPhongシェーディングで行いました。
参考サイトのコードはgouraudのようなのであまり綺麗にはなりませんでした。
(多分、昔の記事なので計算負荷を考慮されたのだと思います。)
Phongの威力も改めて知りました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

uglab

Author:uglab
ソフト開発会社

【Twitter】
フォローお願いします

【You tube動画一覧】
チャンネル登録お願いします


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサードリンク
    【スポンサードリンク】

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。