スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GLSL入門:ポリゴンをレイトレーシングその3

レイトレーシングを手っ取り早く高速化する方法を探しました。
ポリゴンとの交差判定の回数を減らせば良いようです。
試しに画面の中央付近のみでポリゴンとの交差判定を行いました。
確かに速くなりました。



NVIDIA GeForce GT330M 512MB
ポリゴン数:1651
(他に球3つと平面1つ)
FPS:0.4位

ただ、判定を行う部分を限定したためマーライオン本体が表示されていても
その影、床への映り込みが消えていたりしました。
これでは高速化というか単なる省略ですね。

GPU側でレイトレーシングの計算を行うと落ちる場合があるようなので
CPU側で計算させて表示するときだけシェーダにデータを送るという方法もありでしょうか?
現にCPUクラスタを組んでやっている例もあるようです。
まあこちらは1CPUなのでとんでもない時間がかかりそうですが。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

uglab

Author:uglab
ソフト開発会社

【Twitter】
フォローお願いします

【You tube動画一覧】
チャンネル登録お願いします


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサードリンク
    【スポンサードリンク】

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。