スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粒子法(SPH):100万粒子の落下

今回は迫力の出る形状、アングルで動画を作成しました。
100万粒子を水槽に落下させた後、その中にさらに塊を落下させました。
荒れ狂う大海のようになりました。



粒子数:約100万
解析時間:約24時間

Marching Cubesの調整に少し苦労しています。
時間がとてもかかるので短縮しようとパラメータをいじったら
まともに液体の画が描けなくなりました。
何とか初期設定に戻して難を逃れました。
基本的に拾い物コードを組み込んだので謎が多いです。
グリッドの解像度を落とせたらもっと高速化できるのですが
そうすると液体がカクカクして見映えが落ちます。

またMarching Cubes法自体に欠点もあるらしく
表面に穴が開いてしまうこともあるらしいです。
とりあえずそれなりに液体っぽく見えたら良しとしています。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

uglab

Author:uglab
ソフト開発会社

【Twitter】
フォローお願いします

【You tube動画一覧】
チャンネル登録お願いします


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサードリンク
    【スポンサードリンク】

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。