スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粒子法(SPH)とMarching Cubeによる可視化その2

粒子数1000程度でMarching Cubeによる可視化を行ってみました。
まあ激遅です。




とりあえずまだまだ高速化のノウハウがあるはずです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FEM BLOCKでの質問ですが。。

いつもFEM BLOCKをフリーで楽しく使わせて頂いてます。
働いてる会社でのCae導入を目的とし、その有用性を報告する上で簡単な線形解析と手計算の結果比較を行いたいと思います。
おかげ様でFEMBLOCKの解析結果数値には自信があるのですが、着目したい部位(節点)における応力、ひずみ、変形量の数値出力/表示の方法が分かりません。
多分可能と思いますが節点固有の出力が可能でしたら方法をご教授願います。

Re: FEM BLOCKでの質問ですが。。

ヘルプBBSに回答しました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

uglab

Author:uglab
ソフト開発会社

【Twitter】
フォローお願いします

【You tube動画一覧】
チャンネル登録お願いします


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサードリンク
    【スポンサードリンク】

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。