スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粒子法(SPH):GPUでの検証

GPU組み込みました。
一番時間のかかっているのが演算部分ではなく意外にも
Neighbor Mapを作っている部分でした。
まあ粒子数が多くなるとNeighbor Mapなしには
解析実行不可能なのでどうやっても省けないのです。。。
GPUにしても粒子数20,000程度が限界なのかな?
CUDAのデモはもっと速かったような。。。



CUDAのParticleデモを改めて見てました。

粒子数:16384
FPS:140くらい

はい。CUDAデモのほうが100倍くらい速いです。

まだ粒子法やり始めたばかりですからね。
じっくりつめていきたいと思います。
もっと高速なNeighbor Mapの作成方法があるのでしょうか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

uglab

Author:uglab
ソフト開発会社

【Twitter】
フォローお願いします

【You tube動画一覧】
チャンネル登録お願いします


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサードリンク
    【スポンサードリンク】

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。