スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FEM_BLOCK(ver2.07仮):陽解法、タイヤころがり

悪戦苦闘していたタイヤ転がり解析ですがようやく成功しました。
2つ目の動画は下から見たものです。
接地面の応力の様子を観察できます。





概寸:タイヤ半径300mm、幅200mm
材質:E=2.1E7[pa]
要素:4面体2次
自由度:約8000
境界条件:地面と接触、摩擦考慮
      タイヤ内側面剛体拘束
      押し付け荷重+回転トルク入力
時間ステップ:5E-5[s]
解析最終時間:1.0[s]
計算時間:10分


大回転解析では剛体回転増分による応力を除去する必要がありますが
これを省略していたためこれまでの大回転を伴う解析では
うまく流れなかったようです。

多少苦労しましたが剛体回転増分による応力を除去できているようなので
これからは回転系の解析を思い通りに行えそうです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

uglab

Author:uglab
ソフト開発会社

【Twitter】
フォローお願いします

【You tube動画一覧】
チャンネル登録お願いします


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサードリンク
    【スポンサードリンク】

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。