スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FEM_BLOCK(ver2.06仮):陽解法、座屈解析その2

座屈解析に再挑戦です。
色々やってみて分かった事はソリッド(4面体)で座屈変形を見るには
メッシュをかなり細かくする必要があるという事です。
折れ曲がった箇所で要素の裏返りが起こってはいけません。
かなり細かいメッシュで挑戦したところ結構つぶれました。
(塑性は考慮していません。)





円柱寸法:外径2.5[M]、厚さ0.1[M]、長さ10.0[M]
材質:E=2.1E7[pa]
要素:4面体2次
自由度:約70000
境界条件:下面固定、上面に変位入力
時間ステップ:1E-4[s]
解析最終時間:3.7[s]あたりで発散
計算時間:6時間くらい


約7万自由度という過去最大規模の陽解法になりました。
寸法倍増、ヤング率低減というセコイ技を使って何とか解析が実現しました。

前回よりかなりつぶすことができて複雑な座屈変形が見られました。
あと3倍くらいメッシュを細かくすれば下までつぶせそうです。

応力情報を出力するのを忘れてしまい変位のコンターになっています。
これはこれで見易かったりします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

uglab

Author:uglab
ソフト開発会社

【Twitter】
フォローお願いします

【You tube動画一覧】
チャンネル登録お願いします


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサードリンク
    【スポンサードリンク】

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。