スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FEM_BLOCK(ver2.06仮):陽解法その2

陽解法の続きです。(動的陽解法とも呼ぶようです。)
簡単な接触表現を追加してみました。
剛壁への接触をペナルティ法で組み込みました。
適切な接触剛性を入れないととんでもない変形が起こります。
暴れるので減衰を入れてあります。
色々とパラメータ調整が必要なようです。



梁寸法:1×1×8[M]
材質:一般鋼材
要素:4面体2次
境界条件:片端固定
      下面にて剛壁接触
荷重条件:自由端に3E8[N]
時間ステップ:1E-5[s]
解析最終時間:0.5E-2[s]
計算時間:2分くらい


接触箇所の応力が一番高くなるくらい剛壁に押し付けたかったのですが
ちょっと上手くいきませんでした。

剛壁接触ならば結構簡単に組み込めます。
弾性体同士だと面倒なことになりそうです。
物体が2つ以上になるとマルチボディダイナミクス的な
ソルバーに移行したほうがよさそうです。

とりあえず陽解法はまだまだやる事がたくさんあります。。。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

uglab

Author:uglab
ソフト開発会社

【Twitter】
フォローお願いします

【You tube動画一覧】
チャンネル登録お願いします


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサードリンク
    【スポンサードリンク】

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。