MBDynで機構解析:コインのバウンド2

MBDynでのコインのバウンド解析をさらに詳しく行ってみました。
時間ステップを変えて解析を行い
それぞれの結果でのエネルギーの変化を比較しました。
この衝突問題では減衰を「0」にしているので衝突前後でエネルギーは保存されます。
その結果、時間ステップを短くするほどエネルギーが保存され
正しい解析結果が得られました。

エネルギー[J]
時間ステップ[s] 衝突前 衝突1回目後 衝突2回目後
1.0E-04 2.45E-03 1.86E-03 1.37E-03
5.0E-05 2.45E-03 2.23E-03 2.17E-03
2.0E-05 2.45E-03 2.44E-03 2.43E-03


分かりやすい結果が得られて良かったです。
1.0E-04[s]でも十分小さい時間ステップかと思いましたが
衝突を重ねるたびに大幅なエネルギーロスがあリました。
2.0E-05[s]でほぼロスはなくなりました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

uglab

Author:uglab
ソフト開発会社

【Twitter】
フォローお願いします

【You tube動画一覧】
チャンネル登録お願いします


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサードリンク
    【スポンサードリンク】

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード