スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最強のFEMフリーソフトは

FEM_BLOCKの紹介文で「最強?の」としていましたが削除しました。
はるかに優れているものがあったからです。

ADVENTURE

日本学術振興会未来開拓推進事業プロジェクトで東大さんが作ったものらしいです。

国のプロジェクトで東大が作ったらそれは国内最強でしょう。
1人の落ち武者が作成したソフトが勝てる訳ありません。
皆さん、フリーのFEMソフトを探しているなら迷わずADVENTUREです。

ADVENTUREの凄い所の1つは並列演算処理です。
複数PCでの演算が可能なプログラミングをしているので
数1000万、夢の1億自由度規模のモデルの解析ができるようです。

と、まあADVENTUREの凄さはこの位にして我がFEM_BLOCKはどの程度まで
健闘できたのかを少し解説してみようと思います。
これが条件を限れば結構いい所までいっていたりします。

「簡単な比較」
A:ADVENTURE(UNIX、Linux)、AW:ADVENTURE(1PC Windows)、FB:FEM_BLOCK

解析種類:
 A:弾塑性、剛塑性、衝撃接触、熱伝導、熱流体、電磁場、最適化、他
 AW:線形弾性
 FB:線形弾性、固有振動数

モデル規模(自由度):
 A:数1000万~1億(並列PC数による)
 AW:数10万
 FB:10万ちょっと?

入力モデルファイル
 A、AW:IGESファイル
 FB:volファイル(STLファイルからNETGENを使って)


フルパワーのADVENTUREは凄いですが個人でその設備を整えるのは少し難しそうです。 そこで馴染みのあるWindows版を見てみると線形弾性解析のみという何ともケチな 仕様になっています。せっかく多種多様な解析モジュールがあるのだから全部入れてほしいものです。 また、解析モデルの規模も1PCになればせいぜい数10万自由度が限度になるようです。

こうなるとOSをWindowsに限ればFEM_BLOCKも結構やるように思えます。
まあよくやったのではないでしょうか。

またADEVENTUREを利用したDEXCSというフリーCAEソフトもあり
こちらは構造解析のほかにOpenFOAMによる流体解析も行えるようです。

つまり低価格なCAEソフトを作成して儲けようというのは難しそうです。
ビジネスチャンスがあるとすれば上記フリーソフトに対する「サポート」ですかね。。。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

uglab

Author:uglab
ソフト開発会社

【Twitter】
フォローお願いします

【You tube動画一覧】
チャンネル登録お願いします


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサードリンク
    【スポンサードリンク】

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。