スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FEM_BLOCK使用方法:「オートで4面体メッシュを切る」

「オートで4面体メッシュを切る」
 生成される要素は4面体(4節点)です。
 形状が以下の基本形状の組み合わせでできている場合に実行可能です。
   ・RECT:直方体
   ・CYLI:円柱
   ・SURF_CIRCLE:円表面
   ・SURF_RECT:長方形表面
   ・HOLE_CYLI:円柱穴
   ・HOLE_HALFCYLI:半円柱穴
   ・HOLE_RECT:直方体穴
   ・R_CHAMFER:R面取り
   ・FILLET:フィレット

 入力したメッシュサイズで全体をメッシュ切りします。
 一般的に4節点4面体要素はあまり精度が良くないと言われています。
 しかし分割を十分細かくすればそれなりの精度が出ます。
 メッシュサイズを小さくしていき何通りか解析を行い
 結果の収束を確認することをお勧めします。


モデルを保存します。

<メニューから>

画面右列optionsタブを展開 -> Draw FEMにチェックを入れる
  メッシュが表示されるようになります。

Pre-processing -> Automesh(Delaunay) -> メッシュサイズを入力
  メッシュサイズの単位は「m」になっているで注意してください。
  mmの数値を入れる場合は「○*mm」で入力することができます。

メッシュが表示されます。
  メッシュサイズが小さい場合は計算時間が結構かかります。
  また、発展途上の機能につき、形状に合ったメッシュが
  生成されない場合があります。
  徐々に改良を試みていく予定なのでご了承下さい。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

uglab

Author:uglab
ソフト開発会社

【Twitter】
フォローお願いします

【You tube動画一覧】
チャンネル登録お願いします


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサードリンク
    【スポンサードリンク】

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。