スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FEM_BLOCK使用方法:

「新しい材質を定義する」

<メニューからの場合>
 新規モデル作成時に「STEEL」の名前で一般鋼材の材質が定義されています。
 その他の材質を用いたい場合には以下の手順で新たに定義します。

 Material -> add new -> 材質の名前を入力
  -> 密度、ヤング率、ポアソン比を入力

 値の入力方法はコマンドラインの指示に従ってください。
 ※材質の値には変数、数式をもちいることはできません。


<Inputファイル記述の場合>
 Inputファイルの「material_info」の部分を以下のように記述します。

   MAT_NAME  ρ  E  ν

   ・MAT_NAME:材料の名前(後のパートの箇所で使います。)
   ・ρ:密度
   ・E :ヤング率
   ・ν:ポアソン比
   ※全てSI単位で入力します。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

uglab

Author:uglab
ソフト開発会社

【Twitter】
フォローお願いします

【You tube動画一覧】
チャンネル登録お願いします


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサードリンク
    【スポンサードリンク】

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。