スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FEMフリーソフト:分布荷重機能(FEM_BLOCKver1.12仮)

メッシュサイズを変更すると節点位置が変わるため
荷重情報も修正しなくてはなりません。
これが結構面倒で、ユーザーさんからもご指摘を受けましたので
分布荷重として荷重値と範囲のみを入力して、あとは自動で
荷重を節点に分配できるようにしました。

femblock_ver112_c_2.jpg femblock_ver112_c_5.jpg

デモ形状を用いて簡単に手順説明。

femblock_ver112_c_1.jpg

オートメッシュ機能を使うので最初は分割数は1にしておきます。
荷重は荷重値と範囲をinputファイルに記述します。
今回は茶色のパートの下面全体に荷重をかけることにします。
ここでオートメッシュ機能で分割します。

femblock_ver112_c_2.jpg

荷重領域は4要素に分割されました。
範囲内の節点は9つあります。
ここで静解析を実行します。
コマンドプロンプトで荷重の分配を確認。

femblock_ver112_c_5.pg

しっかり9節点を抽出できているようです。
荷重の分配は、今回は荷重面のメッシュサイズが一定だったので
1点単独、2点共有、4点共有の節点への比率がそれぞれ1:2:4に
なるように分配されました。意図したとおりです。

femblock_ver112_c_4.jpg

変形結果も大丈夫そうです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

uglab

Author:uglab
ソフト開発会社

【Twitter】
フォローお願いします

【You tube動画一覧】
チャンネル登録お願いします


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサードリンク
    【スポンサードリンク】

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。