スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FEM_BLOCK:スピーカーボックス解析(工房 楽々舎様ご提供)

FEM_BLOCKユーザーの方から解析例題のご提供がありましたので ご紹介いたします。
スピーカーボックスという何ともレベルの高い解析で 果たして妥当な解析が行えているかとても心配だったりします。

femblock_box_2_2_1.jpg

inputファイルもご提供頂きました。(感謝!!)
box_2_2_1.txt :ベースモデル
box_2_3_1.txt :ベースモデル+内部補強位置改良

詳細は
工房 楽々舎さん
のHPをご訪問下さい。
(入り口→menuページ上部の「できたら良いな、固有値解析」)

非常に読み応えのある内容です。
ソフト性能がついていっているのか冷や汗ものです。

驚いたのはモデル規模です。
30,000自由度のモデルで固有振動解析を行われています。
しかもモード数が60次まで。
完全に想定を超えています。
まず私のPC性能では解析が終わらなそう?です。
工房楽々舎様によると計算時間は
 ペンティアムデュアルコア 2.8GHzで4時間くらい
らしいです。
ただし収束は甘いとのこと。
やはりランチョス法を取り入れないとだめですね。
どなたかランチョス法の詳しい資料をお持ちでしたらご提供お願いします。
私も一応調べて理解に努めたのですが挫折しました。
しかし詳しい資料さえあれば組み込めると思っております。

ソフトは叩かれて成長するものです。
これを期にさらに上のレベルを目指そうと思います。

というわけでまずはもう少しGUI改善したVer1.12を作成しようと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

uglab

Author:uglab
ソフト開発会社

【Twitter】
フォローお願いします

【You tube動画一覧】
チャンネル登録お願いします


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサードリンク
    【スポンサードリンク】

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。