スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FEM_BLOCK:モデル化のコツ

モデル化方法がいまいち分からないというご意見を頂きました。
モデル化のコツについて少し述べたいと思います。

現状(Ver1.10)のFEM_BLOCKの長所と短所は以下の通りです。

【長所】
・直方体の組み合わせ形状のモデル化が非常に容易にできる。
  2つの直方体からなる形状を作ろうとした場合、2つの直方体の
  結合面のメッシュが同じになるように分割数を設定します。
  直方体の基本形状(RECT)のメッシュは断面においてメッシュサイズが
  一定になるように分割されます。この性質がFEM_BLOCKの特徴です。

【短所】
・円形を含んだ複雑な形状の作成は無理。
  円筒や円柱の形状は断面のメッシュサイズを一定にできないため
  直方体のように自由自在にパートを結合することができません。
  CYLI2RECTを用いることにより軸方向への結合のみ可能です。
  後続のVersionで円形と直方体の結合がもう少し自由に行えるように
  改善していきたいと思います。


総括してFEM_BLOCKは単純な形状の静解析、固有振動数解析を行うのに
適していると言えます。

以下はモデル化方法の例題です。ご参考にして下さい。
【例題】
直方体同士の結合


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

uglab

Author:uglab
ソフト開発会社

【Twitter】
フォローお願いします

【You tube動画一覧】
チャンネル登録お願いします


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサードリンク
    【スポンサードリンク】

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。