スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C++, GLUT:グラフ描画

C++でグラフ描画を行うにはGNUplotなど強力なツールがありますが
自作プログラム内で使用するとなると色々と不便があったりします。
結局はグラフ描画自体も自作で行えたら一番いいということで
GLUTを利用してグラフ描画を行うサンプルがこちらにあります。

OpenGL de プログラミング

非常にありがたいサンプルソースですが
僭越ながら少し改良してみました。

Reshape関数内の最後に以下のように一行加えると
マウスドラッグによるウィンドウサイズに追従して
随時グラフが描画されるようになります。

void reshape(int w, int h)
{
glClear(GL_COLOR_BUFFER_BIT);

glViewport(0, 0, w, h);
glMatrixMode(GL_PROJECTION);
glLoadIdentity();
gluOrtho2D(graph.Left, graph.Right, graph.Buttom, graph.Top); //仮想3D空間のスクリーンサイズ決定
glMatrixMode(GL_MODELVIEW);
glLoadIdentity();

display();//Windowサイズ変更時にすぐ再描画
}


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

uglab

Author:uglab
ソフト開発会社

【Twitter】
フォローお願いします

【You tube動画一覧】
チャンネル登録お願いします


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサードリンク
    【スポンサードリンク】

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。