スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OpenGL shadow mapping multi light

床井研究室を参考に
マルチテクスチャ
日向を描いてから影を描く
などの工夫をしました。

Intel HD graphics family にて40FPS程度
Intel HD graphics 4600 にて950FPS程度

最近のPCのグラフィックボードなら全く負荷にならないようです。




スポンサーサイト

グラフィックボード描画性能比較、GT330M Vs Radeon5770

NVIDIA GT330M(575 MHz、1024MB)
ATI Radeon 5770(850 MHz、1024MB)
の描画性能比較を行ってみました。
今回の比較においてはRadeon5770のほうが1.8~2倍ほど速いようです。

SPHfree_GT330M.png SPHfree_radeon5770.png

続きを読む

Height Fieldの可視化、3D

リアルな水面シミュレーションを目的としてHeight Fieldを使ってみています。
とりえあず3D描画をやってみました。
やはり3Dのほうが迫力があります。
ただリアルさで言えば2Dのほうが良かったような気もします。



続きを読む

Height Fieldの可視化

簡単でリアルな水面のシミュレーションができるHeight Field。
Googleで検索すること2日間。
またもや上質なサンプルを発見しました。
可視化の部分を自分で少し修正してみました。
2次元の単純な可視化ですがなかなか面白いです。



続きを読む

Bullet Physics SDK

見向きもされない機構解析ソフトより物理演算ソフトほうが需要があるのでは?
そんな誘惑にかられる今日この頃です。
フリーの物理エンジンはいくつかあるようですが
bulletphysics
を試してみました。
まあ凄い事。これがオープンソースとは。。。



続きを読む

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

uglab

Author:uglab
ソフト開発会社

【Twitter】
フォローお願いします

【You tube動画一覧】
チャンネル登録お願いします


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサードリンク
    【スポンサードリンク】

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。